【イメージ】採用情報 recruit

先輩インタビュー

西田 育恵。2007年入社 コンシェルジュサービス スーパーバイザー(SV)

常に相手のことを思いやって。

職場風景その1

私は学生時代に他社でオペレータのアルバイト経験があり、オペレータという職種が自分に向いているのではと考えながら就職活動をしていた矢先に、安心ダイヤルに巡り合いました。会社説明会での会社の雰囲気がとてもよく、とてもリラックスしながら話を聞けたことが入社への大きなきっかけとなりました。

入社当時の配属は、現在と同じコンシェルジュデスクでした。クライアント企業は大手自動車メーカー様で、電話応対のお客様は高級自動車のオーナーの方々です。まさにクライアントのブランドを担う、責任感を求められる重要な仕事と言えます。業務の内容としては主に、お客様の代わりに遠隔操作でカーナビの目的地設定を行ったり、宿泊予約やレストランの選定など多方面にわたるご要望をお聞きして、お答えするといった事をしていますが、事故などの緊急時の救援では他の部署と連携をすることもあります。どんな場合でもコンシェルジュとして、常にお客様の立場に立った考え方で、思いやりのある応対をする事が必要です。目に見えないお客様ですが、応対の中でお客様の声のトーンが和らいで来て最後に“ありがとう”と一言頂けた時、お役に立てて良かったという充足感で満たされます。

新人を皆で育てようという風土があるから安心。

職場風景その2

安心ダイヤルには、新しく入社した方をその部署全員で育てようという風土があります。その雰囲気を支える支援制度や研修もしっかり整っていて、初めは車に対する専門知識が全く無いような方でも自然と業務の流れを覚えることが出来るんです。

クライアント企業の大切なお客様を直接相手にする仕事なので、相手の立場に立って物事を考えられる方や、相手を思いやる優しい気持ちのある方ならば、十分にやりがいを見つけられる職場だと思います。

このページのトップへ